上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名物裂文様を集めたような小紋です。
反巾いっぱいに5~10㎝ずつ、いろいろな文様が並んでいました。
上前にあるのは花兎だと思います。

バービー 着物 名物裂風1

少し紫のかかったグレイで、ところどころに紫と黄緑が入っています。
八掛はこの紫色を使いました。

バービー 着物 名物裂風2

バービー 着物 名物裂風3

モデルは Delphine でした。
スポンサーサイト

【2015/02/22 11:34】 | Delphine
トラックバック(0) |
薄いピンクに少しだけ柄が入った小さな染見本でした。
裾だけにしか柄が入らないので、思い切って色無地に仕立てました。

バービー 着物 色無地 ピンク1

柄は八掛に

バービー 着物 色無地 ピンク2

good idea と思ったのですが、薄い色なので八掛の色が透けてしまいました。
↓着付け前のしつけした状態です。

バービー 着物 色無地 ピンク4

バービー 着物 色無地 ピンク3

柄の水色部分で伊達衿を作りました。
モデルは Delphine でした。

【2014/04/25 13:23】 | Delphine
トラックバック(0) |
色留袖から振袖を仕立てました。

袖の柄はどこに良い柄をもってくるかを考えた時、三味線を弾く姿を思い浮かべたらいいというのを、読みかじった記憶があります。
それならばバイオリンも同じでしょ…と持たせてみました。(アッ持ってないか、置いただけ)

バービー水色の振袖2

一番は右後袖、二番目は左前袖

バービー水色の振袖1

こちらは着用前、しつけがついたままの状態です。
どこまで柄をもってくるか…ずいぶん悩みました。
色留袖といえども小さな着物を総柄に取ることは容易いけど、品がない…地色が多過ぎると振袖らしくない…そんな中でようやく落ち着きました。

ところどころ花の中心に銀糸の刺繍(ミシン刺繍)も入っています。
共八掛です。
背中心辺りにはヤケによる色の段差が分かりますが、柄合わせをしたのでここは妥協です。

バービー水色の振袖3

バービー水色の振袖4

モデルは Delphine 、水色のドレスから振袖にお召し替えでした。



【2013/12/14 10:34】 | Delphine
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。