上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幾何学模様の銘仙です。
八掛はグレー、黒地の帯が似合っていると思います。

バービー幾何学模様銘仙1

バービー幾何学模様銘仙2

バービー幾何学模様銘仙3

ポイントは、帯揚げを瞳の色に合わせたところです。
モデルは The Secretary Barbie でした。
スポンサーサイト

【2013/11/25 12:57】 | The Secretary
トラックバック(0) |

ピッタリ!
yoshiko
またまた粋な着物が出来ましたね〜

もう、着物と帯が本当にピッタリ!!!
前帯の柄が真横でないところがまたいいですね。



yuki
ありがとうございます。

この帯を締めるのは2度目で、前回は A day at The Races の…
やっぱり銘仙でした。

可愛い柄で大好きな帯です。

帯締めはイマイチ…新しい帯締めが欲しいわ!
と、バービーがつぶやいているようです。


コメントを閉じる▲
古い紋付でした。
試しに袖口布を水に通すと、案の定、裂けてしまいます。
バービーの着物はとても無理ですが、飾るだけの着物なら何とか形にできるだろうと、いざ挑戦…
縫いもコテも慎重に…

胴裏に紅花染めの紅絹を使って、少し出る程度にしました。
袖の丸みは前回より丸くとりました。
袖の幅や丈はもう少しあった方がいいかもしれません。

梅柄のミニ着物1

もともとの共八掛は柄合わせがしてありましたが、サイズが小さいので限界です。

梅柄のミニ着物2

刺繍も少しだけあって、枝振りの良い梅です。

梅柄のミニ着物3

ミニ着物と言えども奥が深いです。次回はもう少し完成形を目指します。

【2013/11/16 10:54】 | ミニ着物
トラックバック(0) |
和裁教室で今縫っている単衣の残布から仕立てました。
教室では初めての絹物で、柄合わせが比較的楽なものを選んだつもりでしたが、身頃を縫ってから上前おくみの柄合わせの微調整→袖の柄合わせの微調整→掛け衿の柄合わせの微調整と、縫い進めながら布を裁つという慎重さでした。
先生に「地衿の柄合わせは?」と聞かれ、密かにバービーの着物分は確保したいと思っていたので「地衿はいいです」と答え、残すことが出来ました。

バービー 山葵色の紬1

八掛は海老茶の紬用です。
縮緬用と同じ感覚で裁ったら、思いの外裾ふきが出てしまいました。
扱い方が違うことを念頭に置いておかねば…

バービー 山葵色の紬3

教室で教わったように柄合わせも出来ました。

バービー 山葵色の紬2

モデルは First bubble cut Barbie でした。

【2013/11/03 12:02】 | First bubble cut
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。