上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袵の染見本で、反幅の半分、中央に柄がありました。
どう見積もっても無地部分を使わないと仕立てられません。
着付けて見えないところを無地で…これはもう妥協ではなく強行突破(笑)

バービー 臙脂色の振袖1

下前の袵と内揚げから下が無地になっています。

バービー 臙脂色の振袖4

すっと伸びた雪持ち柳(?)が好きです。

バービー 臙脂色の振袖2


バービー 臙脂色の振袖3

モデルは Joyeux でした。
スポンサーサイト

【2014/02/28 09:32】 | Joyeux
トラックバック(0) |
私が子供の頃は、バブルカットバービーが大人気でした。バブルカットというのはその後知った名前なので、私にとってはヘアスタイルの区別なく全部がバービーでした。
友達もこの金髪のバービーを持っている子が多く、私はみんなより少し遅れて買ってもらったので「かつらのバービー」(ファッションクィーン)でした。

ヴィンテージバービー バブルカット 茶色
(Sorority Meeting #937)


ポニーテールのバービーは、前髪のカールが私の母のちょっとかかり過ぎたパーマを連想させ、とてもアメリカから来たおしゃれなバービーに見えませんでした。
そう思っていたのは私だけかもしれません。
もし、母のヘアスタイルがかかり過ぎた(ように見えた)パーマでなかったら、おしゃれなバービーとして受け入れていたかもしれないなァ…

ヴィンテージバービー ポニーテール オレンジ 
(Dinner At Eight #946)サンダルはリプロ


そして「バービーは子供の人形らしくない」という評判も耳にするようになりました。胸が大きかったり、マニキュアをしていたからだと思います。
友達のAちゃんも「タミーちゃんにしたから…だってタミーちゃんの方が可愛いもん」
ガ~ン!!でした。
そんな評判平気…という強い意志は持ち合わせていなくて、バービーは心の中に仕舞い込み、人形遊びの頃も過ぎて行きました。


ヴィンテージバービー 二人

バブルカットはあまり良い状態ではありませんが、コレクターさんから譲っていただいたポニーテール#4は綺麗です。
二着の洋服も当時のもので綺麗、とてもファッショナブル…50年近く経っているのに古さを感じさせません。


【2014/02/23 14:04】 | 昔話
トラックバック(0) |
素敵なお召の矢絣が手に入ったので袴を仕立てました。
八掛は縮緬(染め替え)で、そのまま袴に…
ブーツを履いていますが、丈が長過ぎてしまいました

バービー 着物 矢絣と袴3

横幅ももう少しあった方が良いですね…袴の製図(ネットから)を6分の1サイズにして、適当に修正しました。
ひだは布目を通した真っ直ぐを折山、中のひだは斜めになっています。ちょうど、パネルプリントやチェックでタックスカートを作る時の感じだと思います。
紐は厚みが出てしまいました。切りっぱなしという訳にもいきませんし…

バービー 着物 矢絣と袴1


バービー 着物 矢絣と袴2

モデルは Lingerie#6 Barbie でした。

【2014/02/16 12:04】 | Lingerie#6
トラックバック(0) |
一枚のハギレから柄の違うところを選んで仕立ててみました。
ちょうど袖幅くらいの柄が1mでは足りなかったので、袵は他のところから、衿は見えないところで接ぎ合わせています。

バービー 着物 片身変わり1


バービー 着物 片身変わり2


バービー 着物 片身変わり3

今日は雪、春が待ち遠しいということで、花の帯飾りを選びました。
モデルは Spa Getaway Barbie でした。

【2014/02/08 09:48】 | Spa Getaway
トラックバック(0) |
私が使っている日本刺繍の道具です。
刺繍台の他にこの小さな箱だけ、横にしなくてもいいように深いお菓子の箱を使っています。

日本刺繍 道具1

向かって右側は教室の出席カードで、下に今使っている刺繍糸が入っています。

日本刺繍 道具2

左から、台に布を張る時に使う大きな針、糸を必要な数(1本は12菅)にしたり撚る時に使う目打ち、針4本と針刺し、ここまでが基本セットでした。

針刺し(針山)は分厚いフェルトのような感じで、カバーを作って糸通しも一緒に入れています。
上の小さな箱はゴミ入れ、糸を切るはさみはベビー用の爪切り鋏です。

長男に使っていたものなので30年物です。(今でもあるのでしょうか)
爪切りとして使わなくなってから、裁縫箱の中で糸切りとして使っていました。
先が少し反って糸を切るのに都合良く、刃先の丸みは布に当たっても心配がないので、私のような慌て者にはぴったりです。

針は4本、うち1本は引き込み用で糸がついているものです。
大中小の3本、一番よく使うのは真ん中の針で間中(アイチュウ)と言うそうです。
この名前を聞いた時、心当たりがあったので私の裁縫箱から捜し出しました。

日本刺繍 間中

パッチワークキルトをしていた頃、「おしゃれ工房」(現在の「すてきにハンドメイド」)の通販で購入しました。
日本刺繍用の針で、キルトに向いているとキルト作家の方が紹介していたと思います。
細くて丈夫、キルティングも上手に出来たような気がします。

先生に見せたら、驚いていました。



【2014/02/02 13:13】 | 日本刺繍
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。