上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物は少し暗い色で暈すような感じです。
帯の梅は形よく描き直して…というのが宿題ですが、小さいのでなかなか上手く行きません。
ちょっと行き詰ってしまいました。

日本刺繍 暈しとにじみ1

暗い色と明るい色の中間に、半々ずつ合わせた糸を使っています。
その後、4菅で「にじみ」(先生はそう言われるのですが)を入れます。
自然に見えるようスッスッと、長かったり短かったり…

日本刺繍 暈しとにじみ2

暈したところ以外は切り押さえを済ませ、次回教室で切り押さえをします。

スポンサーサイト

【2014/08/28 12:48】 | 日本刺繍
トラックバック(0) |
黒い掛け衿はまだ綺麗で、取り替えてからあまり着ていない様です。
興味深いのは、袖が丸くないことです。

丸みのない袖1

戦前、若い女性が着て、結婚後、袖を丸くしたそうです。
一種の流行があったのでしょうか?
1尺6寸5分の袖を1尺3寸に縫い直してありましたが、どちらにも丸みはありませんでした。

胴裏は赤い木綿、振りには2寸弱の紅絹が付いていました。
八掛は目の覚めるような青です。

丸みのない袖2

織りの縞を強調するかのような角ばった袖…きっとおしゃれな女性だったんだろうな

【2014/08/24 11:52】 | 古い着物
トラックバック(0) |
可愛い撫子文の絽は袖を少し長くしました。
上前の柄をもう少しずらせば良かったのですが、裁ってしまった後でした。

バービー 着物 絽 撫子3

ポニーテールは前にカールしていたので、後ろに梳かしてネットをかぶせました。

バービー 着物 絽 撫子1

バービー 着物 絽 撫子2

モデルは The French Maid でした。

【2014/08/17 16:53】 | The French Maid
トラックバック(0) |
兵庫県に住んでいる義理の姉夫婦が、横浜の娘(私からしたら姪)の家にいます。
中学・高校の孫に会うためでしょう。
一緒に食事をして、可愛いものをいただきました。

フランス刺繍1

自分で刺繍して仕立ててもらったそう…仕立て代って高いんだろうな…と、つい余計なことを考えてしまいます。
裏にファスナーの付いた小銭入れがあって、正面はお札でもカードでも入れられそうです。


フランス刺繍2

とても細かい刺繍です。
私も差し上げられるような刺繍の小物を作らなきゃネ!と、刺繍したいものリストに一つ加わるのでした。

【2014/08/15 14:51】 | 未分類
トラックバック(0) |
日本刺繍であしらいをしたは少し大きなミニ着物になりました。

ミニ着物 日本刺繍 あしらい 松に藤1

両袖を含めて横は36㎝くらいです。
小さい着物より楽ですが、縫い代を充分に取ることが出来ず少し苦労したところもあります。

ミニ着物 日本刺繍 あしらい 松に藤2

袖の下の方に刺繍台に張ったときの跡が見える…ご愛嬌(笑)
八掛は紫掛かったピンクで可愛くしました。

【2014/08/10 13:22】 | ミニ着物
トラックバック(0) |
今度は繍い切りでたっぷり刺繍がしたい、可愛いものがいいな…と、刺繍したいものリストから夢二の絵を選びました。
リストには、まだボンヤリしているものからクッキリしているものまでありますが、「もっと上手になってから」と長く出番のないものもあります。
こちらも、顏の表情が難しい事と背景をどうしようかと迷っていました。

竹久夢二 ひなの節句

ずっと額に入れて飾っていたのですっかり色褪せてしまっています。
今回調べたら「ひなの節句」という題がついていました。

日本刺繍 竹久夢二 ひなの節句

若い頃、大正ロマンと共に夢二はブームでした。
「あけくれ」(1975年)は夢二の詩に小椋佳が曲をつけて竹久晋二という人が歌っているレコードです。
とても雰囲気のあるアルバムですが、プレーヤーがないので長い間聞いていません。

竹久夢二 あけくれ 砂がき

「砂がき」は大阪に住んでいた頃、梅田のかっぱ横丁の古書店で購入しました。
20代の頃、洋服を諦めて買った記憶があります。
夢二が亡くなってから昭和15年に発行された絵入随筆集(定価3円)です。

竹久夢二 砂がき



【2014/08/03 13:52】 | 日本刺繍
トラックバック(0) |

すばらしい!
KUPO
日本刺繍で竹久夢二・・・
作品途中の画像でも針目というのかしら?隙間なく整っていて美しいです。
完成が楽しみですね。


yuki
KUPOさん、コメントありがとうございます。

着物は襦袢も入れて3色です。
後で切り押さえもしますが、今はせっせせっせと糸を渡しています。

衿と下の方は少し暗い色を使っていますが、右端にある裾は身頃と同じ色です。
絹糸は光によって違う色に見えたりして繍っていて楽しいです。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。