上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ途中です。

日本刺繍 同じ系統の色

フランス人形のドレスの黄色は、以前に使った残りの糸です。
より少し濃いのですが、先生は「同じ系統の色だから、この糸でもいいですよ」

桃割れに結った髪にちょっとだけ見える鹿の子の色は、今回足しました。赤い色だけど派手さを抑えた感じです。私が持っている派手な朱色では台無しになってしまうような気がしました。
先生は着物の色と並べて「同じ系統」と説明してくださいます。
並べると、なるほどしっくりくる気がします。

たくさんの糸から選ぶのは大変だけど、ぴったりの相手を見つけると嬉しいです。

スポンサーサイト

【2014/09/30 19:52】 | 日本刺繍
トラックバック(0) |
戦前と思われる着物をバービー用に小さく仕立てました。
振りに付いていた紅絹を胴裏に、八掛や丸みのない袖も再現しました。

バービー 着物 アンティーク 縞1

水に通すと縮むので、縞を地直しするのが大変でした。
足をクリックして曲げることが出来るので、ちょっと軽やか…

バービー 着物 アンティーク 縞3

バービー 着物 アンティーク 縞2

モデルは Color Magic Barbie 、付属の液体で髪の色を変えることができたというバービーです。

【2014/09/19 13:03】 | Color Magic
トラックバック(0) |


さくら
はじめまして。

バービーと着物が好きで、ネットで探していたら、見つかりました。

私もヴィンテージのバービー世代です。
今はFMCを中心に、バービーに着物を作っては着せています。
とは言っても、和裁の経験の無いので、此処で見せていただくバービーに見惚れています。
また見せて下さいね。

よろしくお願いします。


yuki
さくらさん、はじめまして!
お目に留めていただいて嬉しいです。

着物のお直しくらいは出来るようになりたいと始めた和裁ですが、いろいろな縫い方があって、よく出来たものだと驚きます。

バービーには本物を着せたいと思い、のんびりと作っています。
どうぞ、よろしくお願いします。



さくら
こんばんは

最近お迎えした子ですが、FMCのルチアナ、、

白目の肌に黒髪で、お気に入りです。

更新楽しみにしています。


yuki
早いですね!
黒髪のアップスタイルですよね?
着物もきっと似合うと思います。

私は、まだ着物を着せていない子もいるので、しばらくは購入を我慢しています(笑)


コメントを閉じる▲
連休の中日、所用があって出掛けたので、六本木ヒルズで開催されている「ドール・カルチャー展」に立ち寄ってみました。
「リカちゃん、ジェニー、バービー、ブライス、そしてスーパードルフィー "Kawaii"の源流から未来へ」というサブタイトルがついています。

52F展望台まで上がるのですが、日傘を持っていた為「持ち込めないので傘立てに預けるように」と係りの人から一言…鍵付きの傘立てが並んでいましたが、雨の日には間に合うのかしら?と、余計なお世話…

展望台に上がると、いきなり「東京タワー」の赤い色が映えます。

ドール・カルチャー展1


ドール・カルチャー展2
ポニーテール#1バービー 気品があります。

ドール・カルチャー展6
ファションモデルコレクションも本当はこんな素敵なドレスを着ているのです。
(私の家にいるお嬢さんは着物ばかりなので)

ドール・カルチャー展5
私の妹はリカちゃん世代 見覚えがあるなァ~

ドール・カルチャー展3
懐かしい「ダッコちゃん」 腕に付けて遊んでいました。

ドール・カルチャー展4
かごのバッグは「おままごと」の必需品でした。
当時、人形と言えば赤ちゃんが主流でした。


【2014/09/14 21:53】 | 未分類
トラックバック(0) |


KUPO
こんにちは(^^♪

だっこちゃん、かごバック…懐かしい(*^_^*)
私はタミーちゃんで遊びました。
子供時分にはバービーの顔が嫌いだったのです。
そして、たぶんバービーはとても高価だったのではないかと思います。
リカちゃん・ジェニーはまだ登場していません。

母からハギレをもらってタミーちゃんの洋服を作ったりしていました。
作ると言ってもハサミで袖の穴を開けて紐で結ぶ程度でしたけれど。
まさか大人になってから人形遊びをするとは思いもしませんでしたね~。


yuki
KUPOさんコメントありがとうございます。
"Kawaii"の源流から~というだけあって、懐かしいものに出会えウキウキしました。

   だっこちゃん、かごバック…懐かしい(*^_^*)

でしょ?みんな持っていましたよね?

   私はタミーちゃんで遊びました。
   子供時分にはバービーの顔が嫌いだったのです。

バービーは評判が良くなくて、タミーちゃんは優等生というイメージでした。タミーちゃんの普通っぽいところが私にはピンとこなかったのです。
自分では着ることができない大人っぽいドレスやスーツに夢を膨らませました。

   たぶんバービーはとても高価だったのではないかと思います。

特別な日にしか買ってもらえませんでした。私はデパートで眺めるのが専門でした(笑)

   まさか大人になってから人形遊びをするとは思いもしませんでしたね~。

アハハ…全くです。
この年になって人形を持つ私を、家族は最初「何か精神的に病んでいるのでは」という目で見ていました。今は、理解できなくても慣れたみたいです。



ドール・カルチャー展
yoshiko69
あら、バービーが沢山並んでいますね!

ここにyukiさんの着物を着たバービーを沢山並べたかったですね〜

そうしたら、もっと見応えのある展覧会になったのにぃ〜(笑)




yuki
yoshikoさん、ありがとうございます( *´艸`)

振袖はミスの第一礼装ですものね?
シルクに勝る生地はありませんよね?

マイペースで取り掛かっているバービーの着物もそろそろ仕上げなくちゃ…そろそろ袷の時期ですね!


コメントを閉じる▲
珍しい無双仕立ての羽織の裏です。
透ける生地に表は三つ紋、後ろ身頃は裾で折り返し裏の絵羽に繋がっています。
横浜の赤レンガ倉庫で時々行われる「今昔きもの大市」で、昨年手に入れました。

羽織ると右肩から柄が流れ、ほんのりと浮かび上がるという感じです。
秋の花が染めてあるので、着るのであれば単衣の時期の今だろうと思います。
寸法が小さくリメイク用…行く末を考えなくては…と引っ張り出しました。

無双の羽織1

萩に撫子…もう一つの花は何だろう…

無双の羽織2

分厚い「四季花ごよみ」の初秋のページをめくると、あっさりと解決しました。
葛の花…秋の七草の一つでした。
と、なると、こちらはすすきでしょうか?

無双の羽織3

萩、すすき、桔梗、撫子、女郎花…くらいは分かるけど、残り二つ、葛の花と藤袴はちょっと馴染みがないなァ~
一年のうち何回袖を通したんだろう…なんて、とても野暮な疑問が浮かびました。

【2014/09/10 19:26】 | 古い着物
トラックバック(0) |
帯に地色が入ると、全体的にぐっと着物らしくなりました。
着物と帯の梅は切り押さえを済ませ、帯の切り押さえはまだこれからです。

日本刺繍 切り押さえ1

形の悪い梅の花と蕾ですが、花にはしべが入るのでもう少し可愛くなるかなと期待して…

日本刺繍 切り押さえ2

暈しのところは2色で押さえています。
3菅で少しだけ斜めに針足1㎝くらい…角度が付き過ぎると目立ってしまうし、角度がないと押さえきれません。
広ければ1段目の続きから、2段3段~となります。前の段との継ぎ目が隣の糸と並ばないようにジグザグに…並んでしまうと新たに縦の線が生まれてしまうからです。
とにかく目立たないように繍う地味な作業です。

【2014/09/07 22:00】 | 日本刺繍
トラックバック(0) |
少し涼しくなったので、整理を兼ねて古い着物を解いています。柄が細かいのでバービー用にとヤフオクで入手しました。
上等な縮緬で、シミもないのであまり着ていないようです。
袖のしつけは付いたまま…おそらく、そのまま黒羽織でも羽織っていたのではないかと想像します。

そして、和裁教室に通っている私の浅い知識では到底理解し難く、繰り越し揚げがないのです。
衣紋を抜かなかったのかしら?

小紋 衿肩明き

画像の上が前身頃で、下が後身頃、衿肩明きが真っ直ぐな切り込みではなく、後ろは少しカーブしてくり抜いたような様子が分かりますか?
ちょうど5分くらいあるので、これが繰り越し揚げに変わるものだと思われます。

前身頃の内揚げもないので、揚げを取るのがお好きな方ではなかったのでしょうね…


【2014/09/05 19:37】 | 古い着物
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。