上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく自分の帯の刺繍に挑戦します。
色無地の着物地、絵師さんに金線で更紗文を描いていただきました。
金線が見えるように、ところどころを刺繍していきます。

教室では、自分で下絵を描く方もいますが、絵師さんにお願いする方の方が多いようです。
希望を先生に伝え、先生が生徒の好みや技量を踏まえ絵師さんにお願いします。
とても素晴らしい出来上がりで、「ちょっと豪華めになりました」の言葉通り豪華です。

前帯を刺繍台に張ってから色を決めます。
黄色と青は使いたいので、白を含めて6色を選びました。

日本刺繍 金彩更紗1

↓ここまで刺繍して残りは宿題

日本刺繍 金彩更紗2

↓昨夜、宿題が出来上がりました。

日本刺繍 金彩更紗3

スポンサーサイト

【2014/03/13 14:22】 | 日本刺繍
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。