FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が子供の頃、一人だけ持っていたバービーは、ファッションクイーンという名前がついていたことを昨年知りました。バービーに着物を作ろうと思った頃です。

でも、リプロにあるような水着を着ていなくて、直接洋服を着ているものでした。
当時はそういう販売の仕方もあったと何かで読んだので、私の記憶は正しかったんだろうと思いました。
先日、コレクターの方とメールでお話しする機会があり、
「日本では、水着で売られず、お洋服を着せつけて売られていた」と伺いました。

さて、洋服は?というと、スーツで赤やピンクではなかった…ということ位です。

ふと覘いたオークションでその洋服を見た時「あ~コレだ!」
ちょっと変わったデザインのスカートが当時のことを蘇らせてくれました。


私が小学1年生の正月、地方の小都市…
叔父さんが泊まりに来て、
「お年玉におもちゃを買ってあげよう!」「わ~い、わ~い!」(昭和のよくある風景)
買いに行く前の晩から、青が好きだったので『青い洋服を着たバービー』と決めていました。

当日、デパートで店員さんが説明してくれました。
①水着を着ているバービーは箱はあるけど洋服はないので、別売りの洋服を選ぶ
②ガラスケースのバービーは箱はないけど洋服を着ていて、ガラスケースの中であれば洋服を交換できる
というものでした。
ガラスケースの中にはいろいろなヘアスタイル、洋服も様々、20人くらい並んでいました。

水着はいらないし、ペッタンコになっている洋服は想像がつきません。
ガラスケースから選ぶことにしました。
『青い洋服』私が思っている青はなく、紺色の制服みたいなバービーが2人、
水色のワンピースも可愛い…
目を引いたのがピカピカしたグリーンのスーツでした。

ヴィンテージバービー
(その後入手したバービーと洋服で再現してみました)

こんな綺麗な布は見たことがありませんでした。
迷った挙句、冬でサンドレスは寒そうなので、グリーンのスーツを選びました。

店員さんが「他の人形に変えることもできるけど、どうする?」
選んだ洋服のバービーは黒い髪でショートでした。
バービーが黒い髪…って…
でも、きっとこのバービーはこのヘアスタイルと洋服が似合うから着ているし、
友だちのバービーはみんな金髪だったので、変わっていていいかな?と、妙に納得して連れて帰りました。

今、思い返すと、ガラスケースのバービーはウィッグのファッションクイーンばかりだったかもしれません。


スポンサーサイト

【2013/03/31 16:53】 | 昔話
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。