上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフルな銘仙です。

バービー銘仙2

使われている色なら、どの色の八掛でも素敵ですが、
黄土色と山吹色の中間のような色を選びました。

バービー銘仙1

バービー銘仙3

半襟はピンクにしてみました。
モデルは A day at The Races でした。


糸は絹の手縫い糸を使います。
特にこだわっている訳ではありませんが、手持ちのもので用が足ります。
着物は「きせ」をかけるので糸が目立つことはなく、似た色で済ませることも多々あります。

今回は表地、八掛ともピッタリの色があったので、嬉しくなりました。
全部並べてみたところ、古い糸もありました。(製作途中の画像)

バービー銘仙4

タイヤーというメーカーのものですが、40mというのもあって少し驚きました。(今は80m)
カードの形が違うのは古いタイプでしょうか?

バービー銘仙5

和裁の先生が、
絹糸は呼吸をするので密閉したら駄目…糸の入っている箱を時々パタパタと開け閉めしていれば、絹は何十年も持つ…
と、話していました。
スポンサーサイト

【2013/05/03 16:41】 | A day at the Races
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。